板橋BASEブログ

板橋BASEの公式ブログです。 プラモデルの他、トラウトフィッシング・ヒコーキ・映画・アニメ・宇宙とかの話もやってるよぉ(*´∇`*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Knights of the Blood

オンゲーでは常に後衛ヒーラー、癒しの堕天使、孤高の高僧と異名を持つ?ロジャーです(ホントか
地味ですが縁の下の力持ち、後方支援あってこそ、はじめて前衛が活躍できるのです
それを忘れて武器を振るう輩にはデスペナあるのみです
まーいーやw

隠してた感情が悲鳴を上げてる♪
てことで架空オンゲーSAOの血盟騎士団副団長アスナです

▼こないだのアキバでの戦利品
キャッチャーに鉄杭がぶら下がってて、紙をブッ刺して破ってくタイプに500円玉3枚投入
別のお店に違うアスナのフィギュアもありましたけど今回はこれで我慢
てか本来の目的はお買い物なので、荷物増やしたくないんですが、この時は小物しか買わなかったので、1つだけついつい、、、(言い訳モード

IMG_3726.jpg IMG_3723.jpg IMG_3781.jpg

IMG_3774.jpg IMG_3722.jpg IMG_3724.jpg

IMG_3752.jpg IMG_3756.jpg

塗装剥げや色移りが多少あります
パーティングラインも目立ちます
愛刀ランベントライトと鞘が若干曲がってます
両足は台座ネジ固定です
ブレストプレート部、ブーツ部はグロス塗装
フワッとした造形はGood



▼今回もサービスサービスぅ
IMG_3784.jpg IMG_3787.jpg


ついでなので
IMG_3788.jpg IMG_3790.jpg IMG_3791.jpg IMG_3736.jpg IMG_3738.jpg IMG_3737.jpg
▲去年の電ホビ付録

実はSAO(Sword Art Online)は殆ど見てませんでした
リアルで仮想ファンタジー世界にお別れしてましたので、その流れでなんとなく避けてました
後半ちょこっと見たけど、やっぱり途中から見たって分かるわけがねえw
まーまた今度再放送するってなら見てあげても良くってよ(なんで上から



IMG_3741.jpg IMG_3803.jpg
▲海洋堂の「よつばとしろくろのどうぶつ」シリーズのアビシニアコロブスです

このシリーズの第2弾が近々発売とのこと
その前にホルスタインとシャチが欲しかったのでガチャりました
さすが海洋堂、カワイイです♪
しかもアビシニアコロブスが3つも出た!ラッキー!(TдT)
コンプ成らず!ホルスタインとシャチはもはや諦めました。。。1回400円は高い!



(゜o゜;ハッ
ここはフィギュア(だけ)ブログじゃなかった
忘れるとこだった あぶないあぶない

IMG_3746.jpg
▲これ作ります

2001年頃から積んでる奴w
おフランスの一般車と言えばライオンマークでお馴染み"Peugeot"ですね
映画「TAXI」シリーズとかのフランス映画にも結構登場しますし、リアルな車のレースシム"グランツーリスモ3"などにも収録されました

WRC(世界ラリー選手権)というF1と並ぶ車の競技があるんですが、この競技で使用されたWorld Rallyカーがこの206WRです

WRCはF1みたいにサーキットをグルグル周回するレースと違い、サーキット以外の市街地や、こんなとこ車が走るの?ってな感じの道まで爆走します
走る路面も舗装路はほんの僅か、砂利道、雪道、凍った道、ぬかるみ、水溜まりや小川など、大自然の中を駆け抜けてタイムを競います

ドライバーとナビゲーターの2人一組で乗車し、ナビがカーブの大きさや路面状況などをドライバーに随時指示、ドライバーはこの指示に従ってWRカーの持てる性能の最高速で突っ走ります
華麗なるドリフト走行も見所ですが、ナビが指示を間違えたりドライバーが運転を誤ったりして観客に突っ込んだり崖から転落したりと、見る方もハラハラドキドキの大迫力がWRC最大の魅力です

WRCでは、一定数販売された市販車をベースとして改造した車をWRカーとするレギュレーションがあります
206の前車に205がありまして、これもWRCで1980年代に活躍してましたが、プジョーはWRCから一時撤退
その後206を開発、1998年に発売し、一定数販売してホモロゲ(ホモロゲーション:認証)を取得、これをベースとして中身をWR仕様に改造した206WRを従えて1999年途中のツール・ド・コルスからWRCに再参戦しました
強烈な印象のボンネットとお尻のプジョーのマーク、ブルーライオンをデザインしたこのモデルは1999年限定で、フル参戦の2000年は別カラーデザインになってます

206WRは見た目のコンパクトなボディこそ市販車にそっくりですが中身は全くの別物で、300馬力の2リッターターボエンジン、縦置きシーケンシャルトランスミッション、電子制御油圧アクティブデフ装備の4WDなどに改造され、まさに羊の皮をかぶったオオカミ、いやライオンで、紛れもないモンスターマシンとなってます

WRCのタイトルにはドライバーズとマニュファクチャラーズ(製造者:ワークス)があり、レース毎に勝った上位からポイント配分されます
206WRは、本格参戦となった2000年から3年連続でマニュファクチャラーズタイトルを獲得、ドライバーズタイトルも2000年、2002年にマーカス・グロンホルムが獲得しています

この206WRの強烈な印象もあって、2000年から2012年までロジャーは206 XT Premium 5ドア FF 1600cc MTに乗っていました
CIMG1579_20130201202846.jpg
軽量コンパクトなのにパワーがあって、街乗りから峠道まで乗りやすい良い車でした^^
ちなみに数字3桁が車名なのはプジョー伝統仕様で206は、207、208と後継車種に続いていきます

そんな206WRを(やっと)作っていきます
カーモデルは初めてですが、ガンプラテク(それも初心者レベルw)で挑んでみます
基本、無改造で行くつもりですが、合わせ目消しとかの基本工作と、研ぎ出しデカール段差消しに挑戦してみよーと思います♪
エンジン周りやコクピット周りにずいぶんと塗り分け箇所があるので大変そうなのと、10年以上眠ってたのでデカールの経年劣化が心配です


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://itabashibase.blog.fc2.com/tb.php/93-30a08b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。