FC2ブログ

板橋BASEブログ

板橋BASEの公式ブログです。 プラモデルの他、トラウトフィッシング・ヒコーキ・映画・アニメ・宇宙とかの話もやってるよぉ(*´∇`*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリアコートについて

ども、ロジャーっす(´・ω・`)ノ
こんな大したこと書いてないブログでもカウンタが1000を超えてしまいました
訪問していただいた皆様、ありがとうございます(・_・)(._.)
中身の濃いブログにしていくよう頑張りますんで、これからもヨロシクDeath!(凸守っぽく言ってみたw

さて、このところプラモ記事を書いてませんが、前回のリックディアス作成時に、プラモ用のラッカー系或いは水性系のクリアコートが、いかに脆いかを思い知らされました(もっと前から思ってましたが。。。

ガンプラ等のキャラ系モデルは、塗装後の撮影でポージングさせるためにある程度動かします
関節部分なんかは塗装剥げ回避のためにクリアランス処理として擦れる部分を削ったりしますが、それ以外の部分、例えば肩アーマと上腕装甲パーツとか、フロントアーマと大腿部の装甲パーツ等、屈伸などでパーツ同士が接触する部分は、ポージングしてると擦れてどうしても塗装が剥げてきます

そこで上記のクリアコートよりも硬いクリアでコートできないかを、このところずっと考えています
積みプラにカーキットやメッキ塗装っぽくしたいキットもあるので、メタリック塗装がなるべく曇らずクリアで、かつ、ゆくゆくは研ぎ出しにも挑戦しようなどと企んでるんで研ぎ出しにも強い、そんなクリアは無いものかと
つまり、"硬い"、"メタリック塗料が流れずデカールにも優しい"、"黄変しない"、"あまり高価じゃない"、"素人でも簡単に使える"、"高圧じゃなくても今のコンプ(タミヤレボ)とハンドピース(0.3)でも吹ける"、とまぁこんなクリアがあればベストなのかなあ?

検索しまくった結果、クリアにも色々あるみたいなんですが、水性ウレタン(ニス)、ラッカー系ウレタン(1液、2液)に大別できそうです
全般的にプラモ用は何故か高価なものばかり目立つんですが、例えば木工用だったり釣り具用だとプラモ用よりだいぶ安いようです

水性ウレタンは主に木工用ですが、水または水性溶剤で希釈できて、値段も硬化時間もそこそこ、ただし塗膜はラッカー系に比べてあまり硬くないみたい?

ラッカー系ウレタンには1液タイプと2液混合タイプ(主剤と硬化剤)があって、ラッカー溶剤で希釈、硬化後はかなり硬く、値段はプラモ用ほどは高くはないようです
ただ中には毒性の高いものがあるので取扱注意とのこと(プラモ用では有名?なフィニッシャーズのウレタンとか

同じくラッカー系だと思うんですが、これも釣り具用で検索してたら出てきたんですが、セルロースセメントというのもあるようです
これもそこそこ硬く、値段もそれほど高くはないようです

釣り具用のクリアは、ロッドやルアーや浮子なんかに使うのがメインだそうで、例えばハンドメイドルアーなんかは、クリア原液にドボンとドブ漬けして厚塗りで硬度を稼いでるとこもありそうです
まぁプラモも関節以外の部分なら厚塗りでも、もっと言えばルアーのようにドブ漬けしちゃったっていいかもしれません
ただしプラ素材や塗料を溶かさないという前提ですが。。。もう少し調べないと。。。

その点、水性ウレタンはプラ素材やラッカー塗料にも優しそうですが、希釈に水を使うと弾く場合があるとか、硬度があまりないとか、エアブラシのハンドピースの洗浄は水で良いのか、などなどこれももう少し調査が必要みたいです

もう少し調べて良いのがあったら試しに買ってみようと思います
まぁあれやこれやと試し買いしてると結局高く付いちゃうんで、その点は要注意ですけどねw
進展あったらまた書きます
関連する情報も絶賛受付中ですので、何か御存知な方はコメントよろしくDeath!

それではまた~(≧▽≦)ノ


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://itabashibase.blog.fc2.com/tb.php/74-ce6f252f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。