FC2ブログ

板橋BASEブログ

板橋BASEの公式ブログです。 プラモデルの他、トラウトフィッシング・ヒコーキ・映画・アニメ・宇宙とかの話もやってるよぉ(*´∇`*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり東京散歩

どーもロジャーです
今年もまたひとつ歳をとってしまいました(´Д`;)

7月クールのアニメ紹介でもちょろっと書きましたが、「Fate/Kaleid Liner プリズマ☆イリヤ」のOP"starlog"が7月31日リリースです(しょーじきアニメの方はまぁどーでもいいゃw

ガルパンOP"Dream Riser"、ガルガンティアED"空とキミのメッセージ"に続くChouChoのアニメテーマ曲3本目です

神様のメモ帳OP"カワルミライ"、ましろ色シンフォニーOP"Authentic symphony"、氷菓OP"優しさの理由"、ガルパンOP"Dream Riser"、ガルガンティアED"空とキミのメッセージ"に続くChouCho(←公式)のアニメOP/EDテーマ(イメージソング除く)6曲目です(2013/07/29 Wiki調べ追記

魔法少女系アニメ向けとは言え、そう思えないほどの曲の完成度の高さとChouChoのステキな歌声に完全にやられてしまいました
目下OPからステミキで切り出したTV Sizeを寝てる間にiPodで255×255回くらいハードリピートして睡眠学習中ですw


このリリースに備えて?はじめてiTunesカードを買ってしまいました
だって5000円で1000円分お得だったんだもの!><
不定期期間限定で割引サービスをちょいちょいやってるよーなので、iTunesやiPod、iPhoneなんかのAppleユーザは下記サイトでちぇけらぅ!(ぉぅぃぇぃ
http://itc.rakucheki.com/
音楽だけでなくアプリやアイテム購入にも使えるみたいです♪



こないだスーパーに行ったらペプシ復刻デザイン缶が売られてましたので思わずゲット
IMG_0217.jpg
1980年代後半から1990年前半、バイクのロードレース世界選手権WGP500ccで活躍したスズキRGV-Γ(ガンマ)のライダーだったケビン・シュワンツの走りに魅了されて、そのバイクのスポンサーだったペプシコーラばかり飲んでた時期がありました(>アフォだね懐かしいです

さて今回は意外と知らない?東京ぶらり散歩コースを紹介



小雨が降ったり止んだりの生憎の天候でしたが、上野の近く、湯島駅から歩いて10分くらいにある旧岩崎邸庭園に行ってきました
(開園時間や入場料などはリンクからどうぞ)

元は上野・不忍池のほとりに在る越後高田藩榊原家の中屋敷(江戸時代)で、明治初期には丹後田辺藩(後の舞鶴藩)藩主であった牧野弼成(すけしげ)の邸宅を、明治11年に三菱財閥創始者・岩崎弥太郎が買い取り、さらにのち、三菱財閥三代目であった岩崎久彌がイギリスの建築家ジョサイア・コンドルに設計を依頼し、明治29年に完成した岩崎家の本邸で、かつて1万5千坪以上の敷地に20棟以上の建物が建築されましたが、現存するのは洋館、和館と撞球室のみとなってます(敷地面積は1/3に縮小)

IMG_0218.jpgIMG_0250.jpgIMG_0221.jpgIMG_0241.jpg
▲洋館正面、尖塔部、ベランダ側、サンルーム側

洋館は迎賓館として、地下室がある木造2階建のヨーロピアン建築で、内装に17世紀のジャコビアン様式を基調にイスラム風様式などを取り入れた装飾を施してあります
内部の柱の意匠や細工、エンボス加工された壁紙、各部屋にガス式暖炉があったり、ドアとかの木造部の表面加工、これが明治初期から中期にかけての職人芸かとすごく驚きました
これ、木造建築物ですからねえ、天晴れです

IMG_0227.jpg
▲和館

和館は洋館と繋がってる造りで、洋から和に急に畳敷きに切り替わるのが面白いです
中には喫茶もあって一服できるしお土産も売ってます
大きな石というか岩がうまい具合に配置された庭の佇まいにわびさびを感じ取れます

IMG_0238.jpg
▲撞球室(ビリヤード場)

撞球室の中は見ることができませんが、ちょっとした木立の中にある離れで、山小屋風のデザインが今までと違う雰囲気を醸し出しています

IMG_0228.jpg IMG_0235.jpg
寝っころがりたいですw

夏の暑い日には都会のこんな庭で優雅な一時をすごしてみては?(なんてね てへぺろ



続いて、湯島駅から歩いて10分くらいで上野広小路駅に着くので、そこから銀座線で浅草へ

IMG_0252.jpg IMG_0255.jpg
夏休みなこともあってこんな天気でも人でごった返してました
外国人もたくさん見かけました
人気の定番観光スポットですものね
スカイツリーの天辺は隠れちゃってました

で、浅草といえば、、、
IMG_0256.jpg
▲駒形どぜう(どじょう)

てやんでーばーろーめ、こちとら江戸っ子でぃ(>なんか言ってる。。。
すぐ近くにはあの(どの?)バンダイがあります
約2年ぶりのどぜうです(*´∇`*)じゅるり。。
どぜうは地方によっては焼いたり蒸したり、あるいは卵とじの柳川鍋とか、色々調理法はあるようですが、江戸っ子はこのどぜう鍋しか食べない人種なのです(>うそばっかし
でもまぁ少なくともこの店ではどぜう鍋がメインです

ところで、どぜう屋の2階、どうして窓がないか知ってますか?
江戸時代、この店の前を大名行列したんだそうです
上から見下ろすのは無礼ということで通りに面した窓がないんですね(*'-')b

IMG_0259.jpg IMG_0260.jpg IMG_0265.jpg
▲どぜう鍋、備え付けの山椒と七味はお好みで

お代わり自由の薬味のねぎを、これでもかって言うくらいたっぷり乗せましょう
どぜうは泥抜きして下処理してありますんで臭みはありません
炭火で鉄鍋を熱し、ねぎが少しシナっとしてきたら食べ頃です
炭火は消せないので、ぐつぐつ煮過ぎないように、熱くても我慢して急いで食べるのが江戸っ子流です(>またうそばっかし
割り下が蒸発してきたら備え付けの割り下を注ぎ足します

鍋からどぜうが無くなると店員さんがサッとスルッとお代わりを移し変える妙技も見れます
なので鍋は最低でも2枚は注文しましょうw(女性でも一人で3枚くらい行けます
また、少し間を空けたい時などは、ねぎだけ鍋に盛っておけばお代わりを差し替えにきませんw(←裏技的な
ロジャーはねぎの青いトコが臭くて普段は食べられないんですが、何故かどぜう鍋だけは話が別で大盛OKなのです(<どーでもいい情報

撮り忘れましたが、どぜう汁も絶品です
白味噌の少し甘い味付けは好みが分かれますが、この椀にも薬味のねぎをたっぷり入れると"まいうー"です
あと、どぜうのから揚げもおつまみにピッタンコ^^



お腹を満たしたのでまた浅草駅に戻ります
ロジャーはこーゆーの気にしないんですが、せっかくここまで来たからと、厄払いのお守りを授かりに、仲見世を通って浅草寺へ

IMG_0267.jpg
▲降ったり止んだりだったので、天辺まで見えることも

IMG_0271.jpg
▲本堂

修学旅行ならともかく、浅草に買い物や遊びに来てる日本人の若い子が多いのに驚きました
ちゃんとお参りしてるし、偉いなあ^^

浅草からは水上バスも出てるので、水辺の散歩もできます
夏休みにこんな"ぶらり散歩"は如何でしょうか?
それではまたです~ヾ(^-^)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://itabashibase.blog.fc2.com/tb.php/130-4b21ecb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。