FC2ブログ

板橋BASEブログ

板橋BASEの公式ブログです。 プラモデルの他、トラウトフィッシング・ヒコーキ・映画・アニメ・宇宙とかの話もやってるよぉ(*´∇`*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラグラ

"ぐりとぐら"じゃないですよー
近所にマンションが建つらしく、工事が始まって重機が大地を揺すってます
築35年のうちは新しい耐震基準を満たしてないので毎日地震と区別が付かないくらい揺れます
震度で言えば1から2らいですが頻発するので東日本大震災の本震余震の記憶が蘇ってかなりストレスです

さて、当ブログ/HPに冠してる"板橋"も縦貫してる東京メトロ:有楽町線なんですが、2013年3月16日から、埼玉-東京-神奈川まで、乗り換えなしで行き来が出来るようになります♪

ロジャーが小さかった頃は東京の都営じゃない地下鉄は"東京メトロ"ではなく"帝都高速度交通営団(営団)"と呼称していました
みかどのみやこの高速交通ですよ、なんかカッコ良かったw
中でも有楽町線(8号線)はロジャーと一緒に育ってきた感があります(あ、歳がバレるw

今回は有楽町線について書いてみましょう



有楽町線は、まず初めに1974年10月末に池袋-銀座一丁目間で開業します
続いて東武東上線の成増(なります)駅に隣接する営団成増駅(当時)-池袋間を延伸工事開始、後に銀座一丁目-新富町(しんとみちょう)間も延伸工事が始まります

営団成増-池袋間はさらに埼玉県和光市にある東武東上線の和光市(わこうし)駅まで延伸工事が行われます
開通すれば埼玉の川越を通って寄居まで運行している東上線と和光市駅で合流して相互乗り入れすることになり、池袋方面の上り線は和光市で分かれて池袋までは有楽町線が少し内側(練馬寄り)を併走する形になります

1980年3月末、後から工事が始まった銀座一丁目-新富町間(1駅分なので先に終わる)が開業します
その後、新富町から先のベイエリア新木場(しんきば)までの工事が始まります

1983年6月末、営団成増-和光市間は工事中ですが、取り敢えず営団成増までってことで、ついに我が板橋に有楽町線が開通、開業します
これで営団成増から池袋、飯田橋、市ヶ谷、永田町、有楽町などを通って新富町まで一本で行けるようになりました
池袋までは東上線とほぼ併走しているので輸送力的に2倍になりました

同年10月、有楽町線の小竹向原(こたけむかいはら)駅と、西武池袋線の新桜台(しんさくらだい)駅が開業し、新桜台から先の練馬駅まで乗り入れる工事が継続して行われます
これが開通すると西武池袋線が練馬駅で相互乗り入れできるようになるんですね
つまり埼玉・川越方面と池袋を結ぶ東上線と、埼玉・所沢方面と池袋を結ぶ西武池袋線との間に有楽町線が入って、両線と相互乗り入れすることになります
池袋までの輸送力はこれで3倍になりました

1987年8月末、和光市-営団成増間が開業し、東武東上線の森林公園駅まで相互乗り入れの直通運転が始まります
これで埼玉県川越市から飯田橋、市ヶ谷、永田町、有楽町方面に一本で行けるようになりました
翌1988年6月に、新富町-新木場間が開業し、埼玉から東京湾まで一本で行けるようになり、さらに千葉方面にも足を伸ばせるようになります

1994年12月、池袋駅に隣接する形で新線池袋駅が建設され、小竹向原-新線池袋間が開業します
また、西武池袋線の新桜台と練馬駅も開通し、単線ですが乗り入れが開始されます
ここでなぜ池袋に新駅を建設?と思うかもしれません
ロジャーも思いましたw
有楽町線は今まで新木場方面に行ってましたが、今度は池袋で線を分岐しようとしていたのです
初めに書いた埼玉-東京-神奈川の伏線だったんですね(路線だけに。。。
この新線が"副都心線(13号線)"になります

間違えて新線池袋行き(当時)に乗ってしまうと、今までの池袋駅とは少し離れた新線池袋駅に着いてしまうので、新木場方面に向かう人は分岐点の小竹向原で乗り換えが必要になります
小竹向原より先の千川、要町で乗り換えても良いですが、朝夕は通過してしまうし、乗り換えのしやすさを考えると小竹向原で乗り換えた方が便利です(同ホーム向かい側ですので)
ちなみに小竹向原-池袋間にある千川(せんかわ)駅と要町(かなめちょう)駅も、有楽町線のさらに下に新線の駅が建設され2階建て構造になりました

1998年3月末、小竹向原-練馬間が複線化され、西武池袋線の飯能(はんのう)駅まで相互乗り入れが開始されます
西武線利用者は乗る電車がどこ行きかを確かめて乗らないと、知らないところへ連れて行かれてルルルーになりますw(西武線も複雑なんですね

2001年、新線池袋から先の工事が着工されます
2004年4月、"帝都高速度交通営団"が民営化されて"東京メトロ"に名称が変更され、それに伴って駅名に営団と付いていた営団成増駅と営団赤塚駅も地下鉄成増駅、地下鉄赤塚駅に名前が変わりました(ちょっとダサイ

2006年、副都心線開業も視野に入れて、10000系の新型車両が導入されます
2008年6月、新線池袋(のちに池袋駅と改称)から新宿を通って渋谷まで結ぶ副都心線として、小竹向原-渋谷間が開業します

小竹向原で複々線化され、東武東上線、西武池袋線、有楽町線、副都心線と、相互乗り入れ直通運転と路線も"複々雑化"しましたw
乗り換えなしで新木場、渋谷へ、埼玉方面は所沢や川越まで行ける一大ネットワークが完成しました
新木場からはJR京葉線でねずみーランドや幕張メッセなど千葉方面にも行けるし、渋谷からは神奈川方面へ延びる路線も利用できるし、西武線では所沢や入間基地のある稲荷山公園や飯能や秩父方面まで、東上線で小江戸川越散策も出来るし寄居から長瀞観光やハイキングなどにも行けます

これだけでも十分と言えば十分ですが、3月16日からは渋谷から出ている東急東横線とも相互乗り入れ直通運転が開始され、横浜や元町中華街まで乗り換えなしで行けるようになります
まぁ正確には有楽町線じゃなくて副都心線が相互乗り入れするんですが、行き先が違うだけで乗ってる電車はどちらも同じです
つまり電車がどのレールを走るかで名前が違ってくるので、小竹向原で分かれて渋谷方面に行くと副都心線ってことですね
和光市-元町中華街間の所要時間は約1時間とのことです(副都心線の急行、東横線、みなとみらい線の特急乗車時

これは便利かも
中華好きなロジャーも出掛けたくなってきたー!
今まで横浜へ行くときは、東上線で池袋まで行って、山手線に乗り換えて渋谷まで行って、東横線に乗り換えて横浜までってなルートでしたので、乗り換えもなくなってだいぶ楽になりますね♪
運賃もだいぶ安くなると思います

蛇足ですが有楽町線は、池袋、飯田橋、有楽町などの大きな街と、市ヶ谷、永田町、桜田門などの主要中枢施設を縦貫していることから、政府要人なんかの地下避難経路とか防空壕的役割が隠されているとかの都市伝説がありますw

もうポカポカの春ですよ
便利になった地下鉄で、お買い物、食事、レジャーと、お出掛けしてみては?


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://itabashibase.blog.fc2.com/tb.php/104-e669643f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。